ホームページ制作の話まとめ

  1. 株式会社アントレプレナーからホームページの管理IDとパスワードを入手
    1. こちら
  1. ドメインを自社で管理する場合1の会社を解約することが必要
    1. 2に対して疑問 今ホームページを制作している人はどうやっているのか?
💡
アントレプレナーの電話での内容3/25
ftp情報の移動でホームページを移動できる ホームページ制作していただいている方に頼むとよい? 解約書類を提出後コードを発行から1か月間(翌月)でサーバー消去される コードを新たなドメイン管理会社に提出(入力)する ここで疑問メールサーバーのデータの移動はどうするのか?
Google Domainsにドメインを移管する|TechRacho by BPS株式会社
BPSの福岡拠点として一緒にお仕事をさせていただいています、株式会社ウイングドアのモリヤマです。 ゆくゆくは個人管理のサイトをGoogleのサービスに集約したい思いがあり、 この度運用しているドメインを Google Domains に移管してみました。 またドメインの移管に併せて現行のDNSサーバーから、 Google Domains提供のDNSサーバーに変更しました。 本記事は以下2点のハウツー記事として書かせていただきました。 所持しているドメインのレジストラをGoogle Domainsに変更する 同じタイミングでDNSサーバーをGoogle Domains提供のDNSサーバーに変更する Google Domains へのドメイン移管について を確認しつつ下記のプロセスに沿って進めました。 今回は3つ準備を行いました。 AuthCode(認証コード)を取得する DNSレコード設定を控える whoisのプライバシー保護を無効にする ⚓ 1. 認証コードを取得する まず認証コードの取得を行いました。 利用しているサービスによって名称や取得方法は違いがあると思いますが、 今回は管理画面から取得する事ができました。 ⚓ 2. DNSレコード設定を控える DNSレコード設定はGoogle Domainsで検出した内容をインポートする機能があるようでしたが、 万が一に備え現在の設定を控えました。 ⚓ 3.
 
notion image
notion image
notion image
notion image
notion image
notion image
JavaScript
notion image
JavaScript
notion image
JavaScript
notion image
notion image
notion image
notion image
JavaScript
notion image
notion image
notion image
CSS